自営業者でも他社借入3件でも借りれるカードローン

他社借入3件でも自営業者はカードローンで借りれる?

既に他社借入3件ある自営業者の方が新規でカードローンからお金が借りれるのか?

 

 

結論から言いますと、他社借入3件ならば自営業者でも十分借りれると思います。

 

ただ、カードローン会社にも色々ありますし、借り手である自営業者も色々なタイプの人がいます。

 

 

全ての自営業者が他社借入3件借りれるとは限りません。

 

なかには審査に落とされてしまう人もいるでしょう。

 

 

 

では他社借入3件でも借りれる自営業者はどんなタイプの人でしょうか?

 

また他社借入でも審査が寛大なカードローンはどこでしょうか?

 

自営業者が借りれるカードローンの種類

先ほども書きました通り、カードローンにも色々な会社、業者がおります。

 

それを分類すると以下の通りです。

 

 

1)大手消費者金融系カードローン

 

 

2)信販系カードローン

 

 

3)銀行カードローン

 

 

4)街金系カードローン

 

 

 

1〜4まで分類することができます。

 

一番審査が甘いカードローンは4番の街金系です。

 

こちらならば他社借入3件ある自営業者でも比較的、審査が通りやすいと言えましょう。

 

ただ金利はあまり安くはありません。

 

 

 

消費者金融系のカードローンも比較的、自営業者に審査が寛大です。

 

他社借入3件ある自営業者でも半数は借りれるのではないでしょうか?

 

 

 

逆に信販系、銀行系のカードローンは消費者金融系、街金系に比べると少し審査ハードルが高くなります。

 

しかし、金利も安く限度額も大口で貸付条件はかなり良いです。

 

 

出来れば銀行カードローンか、信販カードローンで借りれるのが理想といえます。

自営業者の属性によって借りれるカードローンも異なる

銀行カードローンや信販カードローンなど金利が安くて貸付条件の良い所は当然、自営業者の属性の高さが問われます。

 

 

では属性の高い自営業者とはどんなタイプでしょうか?

 

 

1)自営業者としての運営年数が長い

 

 

2自営業者として)収入が多くて安定している

 

 

3)過去に金融事故歴などが無い自営業者

 

 

4)住宅ローン、マイカーローン、事業者ローンなど他のローンの借り入れが無い事、もしくは少ない事

 

 

 

上記の1〜4に当てはまる自営業者の場合は比較的、属性が高い自営業者といえます。

 

そう言う人は貸付条件の有利な信販系カードローンや銀行カードローンでお金を借りることも可能です。

自営業者はカードローンの審査で収入証明が必要か?

最近ではカードローンサービスも収入証明の提出を省くところが増えてきております。

 

 

「300万円以内の融資は収入証明が不要」とか「50万円以内の融資は収入証明が不要」とか・・・・あなたも、このようなキャッチコピーを見たことがあるかもしれません。

 

 

しかし、それは自営業者には当てはまりません。

 

自営業者の場合は「収入証明が不要」としているカードローンでも、大抵は収入証明が必要となります。

 

 

 

 

なぜなら自営業者はサラリーマンや公務員に比べて収入が安定していない業種と判断されているからです。

 

 

特に既に他社借入が3件もある自営業者においては、融資審査時に収入証明の提出は確実に求められると思って良いでしょう。