自営業者でも借りれるカードローンの一覧

自営業者でも借りれるカードローンについて

自営業者は事業用としての資金を借りる場合は一般的に「事業者ローン」とか「ビジネスローン」、「手形割引ローン」などを利用するのが普通です。

 

 

そして、一般人向けの消費者金融のカードローン、信販系のカードローン、銀行カードローンなどは事業用資金としての融資は禁じられております。

 

 

だから法人や法人の社長、個人事業主、フリーランス、一人親方などの自営業者が事業目的で一般のカードローンは一切利用が出来ません。

 

 

しかし、法人の社長や個人事業主が、あくまでも一般個人として事業用以外の目的でお金を借りる場合は一般のカードローンも利用が可能です。

 

 

従って、自営業者がカードローンの申し込みをする場合は「お小遣いとして」、「生活費として」、「旅行費用として」、「その他の事業用以外の目的として」申し込みをしましょう。

 

 

それならばOKです!

 

 

しかし、自営業者の人達は果たしてカードローンの審査は通りやすいのでしょうか?

 

 

一般のサラリーマンや公務員などに比べて収入が常に不安定なのが自営業者の特徴です。

 

従ってカードローン会社も審査時に自営業者に対してはそれほど高いスコアリング評価をせずに審査を行います。

 

その為か、審査に通る自営業者もいれば、審査に落ちてしまう自営業者も少なくありません。

 

 

 

カードローンの審査に落ちてしまう自営業者の特徴としては「毎月の収入の安定性に欠ける自営業者」、「自営業者として年数が足りない場合」、「審査の厳しいカードローンに申し込んだ自営業者」・・・など、だいたい3つの原因が多いです。

 

 

 

また、自営業者として事業者ローンなどを何件も、数百万円も借りている場合も、一般人の多重債務者と同じく審査が不利になるようです。

 

また自営業者が他社の一般カードローンで既に何件も借りている場合(多重債務者)も同様です。

 

 

 

 

自営業者でカードローンの審査に通るには、、、、毎月安定収入を証明出来る事(収入証明等で)、自営業者の事業年数が長い事(最低3年以上は欲しい)、事業ローンで沢山借りていない事、一般のローンも他社借入が少ない事、審査の甘いカードローンを選ぶことが大事かと思われます。